Entries

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://yamatoiebakawa.blog.fc2.com/tb.php/61-9c92d59b

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    絵本ジョン・レノンセンス

    ヒットカウンタ powered by  シンプルパーツ

    IMGP5133_m.jpg

    「意味が分からない所にはどんどん飛び込むべき。」
    曖昧なことは、すなわち考える余地があるということ。自分の感性の幅をそうやって拡げていくことなのかもしれませんね。

    今日はWBSのスミスの本棚から女優 満島ひかりさんの言葉をご紹介します。



    IMGP5134_m.jpg

    現実世界と本の中の世界と自分の身体のリズムで本を読む。

    摩訶不思議な世界に入っていける。

    精神的なもの、感情、感性は刺激すれば起き上がってくるものが沢山ある。

    意味が分からない所にはどんどん飛び込むべき。

    過激な言葉をいっぱい、かわいく使っているから、妙にストレートに話されるよりも伝わってくる部分がある。

    ナンセンスのようでとても聡明な本。

    意地悪な愛がある本。

    みんなそれぞれに感じて欲しい。みんなが良いと言うものを「良いと思わないといけない」と囚われているかもしれないが、そうじゃない面白さもある。



    森本智子アナウンサーの言葉です。


    不思議な語呂合わせが大好きだという満島さん。分かりにくい表現の方が色んな形で理解できて新たな感性がわき上がると語ります。

    読み手の状況が変わればまた違った解釈ができると語ります。

    内容は正直意味の全く分からないもの。ジョン・レノンの歌詞のような気もする。一冊読むと本当に頭がこんがらがる人もいるかと思う。ただ、深いところにあるテーマが、差別・宗教・生死であり、そのような問題をジョンなりの表現(やり方)で私たちに提示したかったのかなと思う。





    絵本ジョン・レノンセンス (ちくま文庫)絵本ジョン・レノンセンス (ちくま文庫)
    ジョン レノン John Lennon

    筑摩書房 2011-08-09


    関連記事

    『山といえば川』の本棚2013

    今年ブログで紹介した本と、記事のリンクをまとめた記事です。



    最後までお読みいただき、ありがとうございました。


    ↑記事の感想は、SNSやコメント欄で頂けると嬉しいです。よろしくお願いします。



    ↑講読の際はRSSボタンをご利用下さい。

    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://yamatoiebakawa.blog.fc2.com/tb.php/61-9c92d59b

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    自己紹介

    1328587240_twitter-follow60.jpgchampleです。
    実用書やTV番組を通して得た気づきをまとめていきます。


    *Blog: 山といえば川
    *Twitter: @chample_ytk
    *Booklog: champleの本棚
    *Facebook: 山といえば川 ファンページ
    *Tumblr: 気になることをいろいろと

    fc2.png twitter.png booklog.png facebook.png tumblr.png

    *RSS登録

    Now tweet




    ビジネスパーソン の成長をちょこっと支援 BizRavel-ビズラベル-

    公認書評ブロガーに認定して頂きました。

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。