Entries

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://yamatoiebakawa.blog.fc2.com/tb.php/62-c2801751

    トラックバック

    [T6] ストレスを捨てる技術!!

    実は私の知人にも数人パワーハラスメント(職権を利用したいやがらせ)によって 退職...

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    ミスをなくし、集中力を高め、ストレスを減らす方法

    ヒットカウンタ powered by  シンプルパーツ

    The four capital mistakes of open sourceThe four capital mistakes of open source / opensourceway


    最近、監査の仕事を初めました。
    毎日間違いのないように仕事をこなすのは集中力も要りますし、ストレスもたまりやすいです。

    そこで今は、長時間仕事に集中しながら、ミスを減らすための手立てを学ぶために本を読んでいます。

    いくつか紹介しましょう。



    (1)スタンフォードの自分を変える方法


    スタンフォード大の心理学者ケリー・マクゴニガル氏の講義内容をまとめた1冊です。『自分の潜在能力を確実に引き出す本』とあります。

    今読んでる所には、注意力を高め、ストレスを緩和させる運動法や自分の意思の力を高める呼吸法などについて解説されています。さらに脳に優しい睡眠法まで言及されていて、とても興味深いです。

    心理学・神経科学・医学の最新研究成果に基づいた講義内容は説得力がありますね。人気講義なのも納得です。


    (2)失敗のメカニズム


    2003年に出版された立教大学の芳賀繁教授の本。

    エラーの発生過程や、人間の注意力や記憶力の特性について分析されています。その分析を踏まえて、エラーの防止策についても言及されています。

    目で見るだけでなく、五感を使った確認が重要なのがよく分かります。運転業務はもちろん、事務的な確認作業にも使える技術だと思います。

    他にも、『ヒューマンエラーを防ぐ知恵』、『「ミス」をきっぱりなくす本』、『医療におけるヒューマンエラー』を買って読んでいます。自分だけでなく、他人のミスも分析して対策を練っておくと、ミスに備えることができるんですね。


    スタンフォードの自分を変える教室スタンフォードの自分を変える教室
    ケリー・マクゴニガル 神崎 朗子

    大和書房 2012-10-20
    失敗のメカニズム―忘れ物から巨大事故まで (角川ソフィア文庫)失敗のメカニズム―忘れ物から巨大事故まで (角川ソフィア文庫)
    芳賀 繁

    角川書店 2003-07
    ヒューマンエラーを防ぐ知恵 (DOJIN選書)ヒューマンエラーを防ぐ知恵 (DOJIN選書)
    中田 亨

    化学同人 2007-03-20
    「ミス」をきっぱりなくす本 (成美文庫)「ミス」をきっぱりなくす本 (成美文庫)
    海保 博之

    成美堂出版 2005-06
    医療におけるヒューマンエラー―なぜ間違えるどう防ぐ医療におけるヒューマンエラー―なぜ間違えるどう防ぐ
    河野 龍太郎

    医学書院 2004-07-01

    前の記事

    絵本ジョン・レノンセンス



    最後までお読みいただき、ありがとうございました。


    ↑記事の感想は、SNSやコメント欄で頂けると嬉しいです。よろしくお願いします。



    ↑講読の際はRSSボタンをご利用下さい。

    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://yamatoiebakawa.blog.fc2.com/tb.php/62-c2801751

    トラックバック

    [T6] ストレスを捨てる技術!!

    実は私の知人にも数人パワーハラスメント(職権を利用したいやがらせ)によって 退職...

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    自己紹介

    1328587240_twitter-follow60.jpgchampleです。
    実用書やTV番組を通して得た気づきをまとめていきます。


    *Blog: 山といえば川
    *Twitter: @chample_ytk
    *Booklog: champleの本棚
    *Facebook: 山といえば川 ファンページ
    *Tumblr: 気になることをいろいろと

    fc2.png twitter.png booklog.png facebook.png tumblr.png

    *RSS登録

    Now tweet




    ビジネスパーソン の成長をちょこっと支援 BizRavel-ビズラベル-

    公認書評ブロガーに認定して頂きました。

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。